Laravel 4 から Slack へメッセージを投げる

この記事は Laravel Advent Calendar 2014 の 24日目のエントリーです。

はじめに

11月から、仕事で Laravel 4 と 話題の Slack を使うようになりました。

ChatOps の第一歩として、 Slack の Integrations の機能を使って、メンバーの Commit / pullreq を #github channel に垂れ流すようにしました。
これがとっても便利で、他のエンジニアの方が何をしているか可視化されることで、業務効率も上がりました。
なにより、単純に楽しいということが大事ですよね。

こうなってくると、プロダクトのアラートメールなども一元的に Slack で受け取れるようにしたいな…と思ってきてしまいました。

Slack API の Incoming WebHooks

Slack は API を提供しており、自由に外部サービスからメッセージを投げることができたりします。
Incoming WebHooks を登録すると、token 込みの WebHook URL を取得できるので、それを使って、まずは試しに自分の Team の #general channel にメッセージを投げてみましょう。

webhookbot

こんな感じでメッセージが投げられたでしょうか。

Laravel 4 から メッセージを投げてみる

PHP から Slack へメッセージを投げるプラグインは、このページを見る限りでもずいぶんたくさんあります。
https://api.slack.com/community

この中でも、Laravel 4 で一番使いやすそうな maknz / slack を使わせてもらうことにしました。

インストールは README を見れば簡単にできます。
試しに Laravel から送信してみるための artisan command を書いてみました。
Webhook URL は、別途 Config から取得するようにしています。

README を見ればわかると思いますが、以下のように chaining して書くこともできます。

アラートメールの代替手段としての Slack

Slack の API は、1 request / sec までのリクエストしか受け付けてません。
厳密にコントロールされているかは分かりませんが、大量に送るのは考えものです。

https://api.slack.com/docs/rate-limits

今回は、アラートメールの代替手段として考えていたので、デプロイ直後などにアラートが飛びまくる可能性があることも念のため考慮しました。

以下のような感じで、 SlackHelper クラスを作ってしまい、Slack へのメッセージングはここで管理するようなイメージです。
連投を防ぐ手段としては、Slack にメッセージを投げるたびに /tmp/postslack という空ファイルを touch して、その最終更新日時を見ることで、メッセージを投げていいか判定しています。

エラーハンドリングは、 Laravel のドキュメントにある通り、ログリスナーを登録する形で行っています。
http://laravel.com/docs/4.2/errors#logging

Slack 最高

これで無事にアラートが Slack に投げられるようになりました。
アラート以外にも他の通知系でメールを使用している部分も少しずつ Slack に寄せたいなと思ったりしています。

余談

この package ですが、 json_encode の UTF-8 問題で、最初は日本語文字列が含まれている場合 false が返ってきてしまう不具合があり送信できなかったのですが、 issue 登録したら、すぐに対応してくれました!

https://github.com/maknz/slack/issues/4

さいごに

明日はついに最終日ですね!
@localdisk さんのポエムに期待しつつ、みなさん良いクリスマスを!

高専卒→大学編入中退→起業→転職を経て、ソーシャルゲームを作ったあと、とあるアプリのサーバサイドエンジニアをやっています。 技術の未来予測とかデザインのリノベーションとか、おぎやはぎとかネギトロ丼が好きです。 猫飼いたい。 twitterは@serimaです。お気軽にfollow/unfollowどぞ(゚∀゚)

下の「いいね」ボタンを押すと、やる気パラメータが+1!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です