タグ別アーカイブ: 高専

高専の授業を通して「素直さ」の大切さに気付いた

16歳の学生にキャリアについて話す難しさ

ありがたいことに、母校(東京高専)の授業の一コマで、キャリアについてのパネルディスカッションをさせて頂く機会があった。

cwzbqbmukaewdok

高専OB集合写真

趣旨としては、高専のOBの人たちが卒業後にどんなキャリアを歩んでいるかというのを聞いてもらって、自分の進路の参考にしてもらう、というもの。

とはいっても、メインターゲットは2〜3年生(なんと16歳前後!)だったため「キャリア」なんてものにピンとくるはずがないだろうな、とは思ってた。

ふと、自分の高専2年生のころを思い出してみると、部活に精を出しつつも、彼女と遊ぶことぐらいしか考えてなかったな…。好きな授業は、パソコンが触れる実習と体育だったかな…というレベル。
卒業後のことなんか微塵も考えてなかった。

そういうこともあり、できるだけ気軽な気持ちで聞いて欲しいなという願いを込めて、Twitterのハッシュタグ #東京高専で授業やってる を設定して、授業中に好きなようにTweetしてもらうようにした。

学生がTogetterですぐにまとめてくれたので、どんな内容だったのか知りたい人はそっちを見てもらうとして。

教育そのものに通ずる「素直さ」の大切さ

パネルディスカッションしながら、Tweetをリアルタイムに追っかけていたんですが、僕らの話をどう受け止めるかってのは人によって温度差はやっぱりあるよなーっていうのを感じた。

授業が終わった後に教授と少し話したのですが、内容は概ね以下の感じ。

根底には、彼らにハッピーになって欲しい、という思いがある。
そして、人生の経験値上「これするよりは、こうしたほうがハッピーになると思う」ってのは少なくとも彼らより知っているはずなので、それを伝える努力はしているが、どうにも響かない。

この話をしてるときに、自分の子どもにも、会社の同僚や後輩にも通ずるところがあるなーと感じた。

もちろん伝える側の努力なくしては、伝わるものも伝わらないってのは大前提として、「響く」人と「響かない」人の差はなんだろうなーとグルグルと考えた。

で、今自分の中での結論は、「素直さ」なのかなと。「おすすめされたことを、四の五の言わずにとりあえずやってみる能力」、と言い換えることができるかもしれない。

なぜこの能力が大事かっていうと、「とりあえずやってみる」ことが、学習の阻害要因をある程度スキップさせてくれる。
結局、経験からの学習が一番効率が良い。

「おすすめされたこと」というのは、先達が通った道であるが故に「これをすれば、おそらくこういった学習ができるであろう」という思いのもとに成り立っているはずなので、イージーモードでプレイしたら?という提案がなされているに等しい。

イージーモードで一回プレイしてみるってのは、本当に大事だと思っていて、この差が後々大きな差になってくるんだろうなと感じる。

しかし、どうやったら素直さを会得できるのかは、なかなか難しいよなーと思い、いろいろヒントを探していた。

そんな中で @otiai10 氏のこのエントリはいろいろな意味でヒントになる。

「イージーモードで一回プレイしてみる」っていうのは @otiai10 氏が言うところの「進言された行動を一挙手一投足違わず遂行できる」という意味合いで同じで、

そしてそれは「言われた文言を一字一句違わず復唱する」という能力が訓練によって出来るようになるのと同じように、「進言された行動を一挙手一投足違わず遂行できる」という能力も、訓練によって出来るようになると思われる。

こう書かれている。

是非全文を読んでほしいが、素直さは才能でも性格でもなく、「能力」であると断言している。

どのようにしたら「素直さ」が習得できるのか

僕の中に未だに解はないが、ひとつは子どもの頃の親の教育が、能力の習得に大きな影響を与えそうだなとは思った。

よく観察し、寄り添い、適切なタイミングで提案し、褒めること。
良いフィードバックループに入るまでは親のサポートが必要だと思う。

では、大人になってから身につけることができるのか?というとできなくはない、ただしとても難しそうという印象。

自らに「素直さが足りない」ということを認知し受容するためにも、素直さ(ここでは謙虚な気持ちのほうが大事かも)が必要な気がするから。

大人になってからの習得が難しいからこそ、「素直である」ことは大きな武器になりえると思う。

Thanks, See you again!

社会科というテーマから、だらだらと書いてみるテスト

未来を予測するためには、過去を知らなければならない。

と、どこかで聞いたことがある。

たしかにそのとおりだと思う。

未来予想マシーン

高専の入試では、社会科がなく数学の点数が2倍になるということで、
中学校2年生で歴史や地理を勉強することを辞めてしまった。

なので、僕の社会科レベルはとんでもなく低い。
どこの国がどこにあって、その国の首都はどこ?なんて質問をしてはいけない。

2年前に東南アジアをバックパックすることになって、タイの首都がバンコクであることを初めて知った。
国の位置関係や日本からの距離も、そこで学んだ。

バンコクからカンボジアに向かうバスの中で、偶然一緒になった日本人のおじさんが
ポル・ポト政権の話をしてくれた。

僕は恥ずかしながら、ポル・ポト政権がなんなのか、初めてそこで知った。

正直に「初めて知りました」と伝えたら、
「こんなのは一般常識だよ。」と言われ、顔から火が出そうになった。

他にも数人の日本人がいたけれど、みんな知っているようだった。

中学校の社会科でポル・ポト政権について聞いていたはずだし、
テストのために少しは勉強したのかもしれない。

でも、まったく覚えていなかった。

カンボジアのゲストハウスでポル・ポト政権について調べてみた。

あたりまえのことだけど、歴史は点ではなく線で、
前後関係のことも知っていないと理解出来ない。

とにかく僕にとっては知らないことが多すぎて、正直よく分からなかった。

とにかくポル・ポト政権がカンボジアの知識人を大虐殺して、
文明の発展が数十年分逆戻りしてしまったと。
そして、そんなことが最近(1975年)起こっていることに疑問を抱けと。
プノンペンとホーチミンの違いを肌で感じてみろ、と言われた。

そして、確かに違った。

言葉では言い表せないけど、遅れている感じは街全体から伝わってきた。

プノンペンでは、もちろんキリング・フィールドにも行った。なにも言えなかった。
そこには何百何千の犠牲者の頭蓋骨がある。(興味がある人はググッてみるといい)
フェンス越しに子供たちがGive me moneyと言ってくる。

 
 

そこでは、一枚も写真なんて撮れなかった。

共産主義のもとでは、正しいのは絶対的に政府だ。論理ではない。
間違ったことを言うと殺される。そんな世界がついこないだまであった。
そして、今も共産主義国家は存在する。

言論は統制され、自由はない。

はあ。
すごいよ。
 
 
 

国境という概念は、インターネットのもとではなくなったと思っていたけど、
政府はインターネットも規制できるんだよね。

こないだのエジプトの件では、びっくりした。

 
 

なんか書いてて疲れたから、このへんから文章崩します。
まとまりのない文章でした。

文章って、どこに帰結させるかを考えながら書くよね。
どういうふうに持っていったら面白いかなーなんて、思いながら書いてたけど。

とりあえず備忘録でいいやって思った。

あ、もういちど読む山川世界史っていう本で、
ひと通りさらってるけどやっぱり難しい。

でも、未来を知りたい。

調べてみると未来学っていう学問は50年ぐらい前から存在するみたい。
最近は、膨大な量のデータの相関関係も計算できるようになったから、
もしかしたら未来予測の精度は上がるかもしれない。
 
 
 

関係ないけど、人間の欲求に興味があるのかもしれない。

AIDMAやAISASの最初のAとI。
AttentionとInterestね。たしか。

ここってずっと変わらないんじゃないかな。
三大欲求はもちろん、知識欲、支配欲など。

人間が人間である限り、変わらない気がする。

以下、勉強になるリンクを貼っておきます。

教えてgoo! – カンボジア虐殺
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2485603.html

Wikipedia – ポル・ポト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%88

Wikipedia – 未来学
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E5%AD%A6