カテゴリー別アーカイブ: mac

dyld: Library not loaded: /usr/local/opt/jpeg/lib/libjpeg.8.dylib を解決する

久々に local 環境の Mac で php を使おうとしたら、以下のようなエラーが。

こちらのコメント欄で brew switch jpeg 8d をすると解決すると記載がありました。

dyld: Library not loaded: /usr/local/lib/libjpeg.8.dylib – homebrew php

無事に解決しました。

追記:

brew upgradeしたらphp実行できなくなって、php-buildも失敗するようになった【たぶん解決】
を読むと、根が深い問題のように思えるので、恒久的な解決策は別であると思います。

今回は深追いしていません。

Mac の Chrome で、キーボードのフォーカスをページに戻したい

Mac の Chrome では、Cmd + l で、アドレスバーにフォーカスされるようになっていますが、逆の動作はしないようになっています。つまり、フォーカスをページに戻したくても、Cmd + l 押しても戻らない。
ページをクリックすればもちろん戻るけど、当然ながら、キーボードだけで完結させたいじゃないですか。
特に vimium とか入れてれば尚更。vimmer としては、Esc 押下すればページにフォーカスされるのが一番自然なんですが、それは API のコントロール外にあるらしく変更できないらしい。

で、みんなどうしているのか…とググッてみたところ出てきましたよ。やっぱり悩んでる人はいるらしい。

http://superuser.com/questions/324266/google-chrome-mac-set-keyboard-focus-from-address-bar-back-to-page

簡単に言うと、アドレスバーに「javascript:」って打ってエンター押すと、ページにフォーカス戻るよ。この機能を使って、検索エンジン追加して、「u」を入力してエンターしたら「javascript:」って打ったことにできるよということですね。

なんという hack。これぞ hack って感じですね。

やり方は以下。

1. chrome://settings 開く
2. 検索 の「検索エンジンの管理」開く
3. こんな感じのを追加
chromesearchengine

4. アドレスバーに u と打つとこんなふうに出てきてくれるので、すかさず enter

chromesearchengine2これで、完了です。u じゃなくて、なんでもいいと思いますが、とりあえず僕も前例に倣っておきました。

Google に bug report っていうか issue は出してるみたいだけど長らく放置されてるのかな(よく読んでない)

ChromeのCtrl-Tabの動きをOSのCmd-Tabみたいに直近開いたタブを選択できるようにする

Macでのお話です。Windowsユーザはすみません。

Google Chrome の Ctrl-Tabを押すと、開いているタブを順次選択していきますが、シーケンシャルな動きをするので効率が悪いなぁと思っていました。
OS の Cmd-Tab は最近開いていたウィンドウを行ったり来たりできるので、それを Chrome でも実現できないかなと思ったのがきっかけ。

で、結論からいうと Chrome 拡張の Recent Tabs と KeyRemap4MacBook で実現できます。
まだお持ちでない方は先に下記からインストール。

  • Recent Tabs
  • KeyRemap4MacBook
  • KeyRemap4MacBookのPreferencesから、Open private.xmlを開いて独自のカスタマイズ設定を記述します。
    Extension のデフォルトのショートカットキーは Ctrl-Qですがその設定をオーバーライドしてしまいたいので、以下のように設定します。

    KeyRemap4MacBook

    Reload XML を押すと今保存した設定が現れますのでそれにチェックを入れます。

    スクリーンショット 2013-12-15 16.55.28

    これで、望み通りの動きになりました。めでたしめでたし。

    Cyberduckが重いときの対処法

    MacのFTP/SFTPクライアントといえば、Cyberduckと言われるくらい大御所なのに、普通に使ってるだけでガンガン重くなって、しまいには起動に何十秒もかかるようになってくる…信じられない!

    サーバーの設定が悪いのかなと思いきや、ちょっと調べてみるとCyberduck自体のせいっぽい。

    僕の場合は以下のファイルを消して、Cyberduckを再起動したら軽くなりました。

    /Users/xxx(ユーザ名)/Library/Preferences/ch.sudo.cyberduck.plist

    定期的にやるの面倒だなぁ。とはいえ、FileZillaを使うのはWindowsライクな感じがするので、またしばらくは使います。

    いごっそうなデザイナー、梅原真。熱を持った人の伴走者。

    録画していたプロフェショナル仕事の流儀を観た。
    高知でデザイナーとして活躍している梅原さんという方のプロフェッショナル論。

    第175回 梅原真 プロフェッショナル仕事の流儀(2012年2月20日放送)

    いごっそうとは、土佐弁で「頑固で気骨のある男」という意味だそう。
    確かにそのような印象を受ける。でも、笑顔は懐の深さを垣間見ることができ、とてもやさしい方なんだろうなと感じた。

    梅原さんは地方、農林漁業の依頼しか受けず、
    しかも、志で動くというポリシーを貫いている。
    仕事を引き受けるかどうかは現場を見てから決めるようにしている。
    そこで、依頼主の本気度を見るようにしているそうだ。

    「宝は、すぐ足元にある」
    というキーワードが番組のあちらこちらで現れる。

    「コンプレックスに目を向けて、そこにちょっとデザインを加えてやることで新しい価値を生むことができるでしょ。」

    ここでいうコンプレックスとは、かつては地方を支えた農産物などの1次産品。
    時代の変化により、いつのまにか売れなくなってしまったことで、皮肉にもその地方のコンプレックスとなってしまう。
    しかし、ここに再び光を当てようと奮闘する地元の方たちもいる。

    梅原さんは地方の1次産業にこだわる理由を問われ、
    日本の風景を残したいと思うようになったからだという。

    大学卒業後、就職したのは地元のTV制作会社。大道具をつくる会社。
    しかし、なかなか自分がいいと思うデザインができない。
    次第に上司や周りと衝突することが多くなり、フリーで活動することに。

    がむしゃらに仕事をこなしていく中で、自分は何か残せているのだろうか?と感じるようになったそうだ。

    「それはそれでやったんだけど、それは明日なくなっちゃうかもしれない。
    そっちのほうがお金は稼げるかもしれないけど、続かないよね。」

    彼の哲学だそうだが、僕もまた伴走者として生きていくほうが自分もまた熱を持つことができるような気がしていた。
    そんななか、この一言はちょっと自分に刺さりました。

    いいなと思ったこと。
    広いバルコニーにソファ置いて、ぼんやり季節を楽しみたい。
    霧島の天空の森のような感じ、あんなところで暮らしたいかもなあ。
    スタッフが梅原さん含めて3人だけってところ。二人とも綺麗な女性なこと。
    時間の流れがゆるやかそう、でもピシッとしてそう。


    高知県産業振興センターの特集記事より

    Mac OS Xで公開鍵認証を使って、SSH接続する

    Windowsでいうところの「puttyでの公開鍵認証」をMacのTerminal.appでどうやるのか?

    という、非常に基本的なところが地味に分からなかったので調べてみました。

    今まではWindowsのputtyで公開鍵認証してたけど、
    Macに乗り換えたばかりでやり方がよく分からない人向けです。

    まず、Mac OS Xで公開鍵認証をするには、
    Windowsで使っていた*.ppkファイルをOpenSSH形式に変換する必要があるようです。

    変換の仕方はとても簡単です。

    まず、putty付属のputtygen.exeを起動し、ppkをロードします。

    次に、Conversionsメニュー→Export OpenSSH Keyでエクスポートします。
    ファイル名は「id_rsa」としておきましょう。

    エクスポートした「id_rsa」をMacの方へ持ってきます。
    Windowsはもう閉じて結構です。

    「id_rsa」を
    /Users/(UserName)/.ssh
    に配置します。
    しかし、.(ドット)から始まるディレクトリはGUIの方から作れないようですので、ターミナルからディレクトリを作成します。

    ターミナルを起動して

    で、先程の「id_rsa」を/Users/(UserName)/.sshへ移動します。

    こちらも、ターミナルを使います。
    下記は、デスクトップにid_rsaがある場合のmvコマンドです。

    最後に、パーミッションを600に変更します。

    これで、準備完了です。

    同じくターミナルから

    これで、同じように接続できるはずです。

    【参考】
    MacでWindowsのputtyの代わりを行う
    http://d.hatena.ne.jp/moyashiki/20100128/1264666129

    [Misc] Putty の鍵 (*.ppk) を OpenSSH 形式に変換する方法をメモ
    http://www.in-vitro.jp/blog/index.cgi/Misc/20080910_01.html