タグ別アーカイブ: Twitter

ソーシャルっていうか。

半月くらい前だったろうか、僕はTLに流れてきたこのTweetをみつけた。

なんとなく気になってふぁぼっておいたんだけど、その後、何度も頭をよぎることがあった。どうしても頭から離れずモヤモヤしているので、メモりながら整理しておこうと思う。

ソーシャルゲームって端的には「SNS上でつながっている知人とコミュニケーションをとりながらプレイするゲーム」で、それでいて人間の欲を刺激するような設計になっていたりすることが多い。

最近バズワードっぽい「ゲーミフィケーション」に興味ある人はこのへん読むと結構面白いと思う。

人はどういうことを自分から進んでやろうとするのか、楽しんでやろうとするのか、という問いがわきおこってくる。人間の内からおこってくる欲求にはどんなものがあるのだろうか、ということが気になってくる。そういうことを調べているうちに、スティーブン・リースという心理学者が「人間には16の基本的な欲求がある」と主張している

16の基本的な欲求 – Gamification

でも、それと同列、もしくはそれ以上に大事なのって、アプリ起動時にユーザが得られるベネフィット提供ができているかどうか、なんじゃないかと思ったりした。

というのは、「おさわり探偵なめこ栽培キット」というiPhoneアプリがどうやら流行っているらしいという事で、ためしにプレイしているときに感じた。

どんなゲームかというと、こんな風になめこを栽培して収穫するだけのゲーム。
収穫するとポイントがもらえて、そのポイントで栽培施設をちょっとずつ良いものにしていく。
で、レアななめことかがいて、図鑑を埋めていくイメージ。

実はこれって、全然ソーシャルじゃない。ランキングも何もない。誰かと協力するわけでもない。
でも、アクセスするたびになめこがポコポコ生えている。しばらく眺めているとポコポコ生えてくる。面白いんだか面白くないんだか正直分からないんだけど、ついつい起動しちゃう感じが、なんかヒントになりそうだなーと思っていた。

そこで、冒頭のTweetがちょっとだけリンクする。

リンクです

暇な時にアクセスしたら前に見たのと違う画面が出てて、10分くらい時間潰せるコンテンツが見つけられたらいいみたいな感じ

なるほどと思って、いくつかサービスを「アクセス時に得られるベネフィット」という軸で見てみる。
確かに、何故そのアプリを起動するか考えてみると、なにか更新されてるかというモチベーションだと思う。で、その期待値が高ければ高いほど頻繁に起動する。

なので、ちょっとした仮説だけど、Twitterのfollowingが多い人のほうが、Twitterへのアクセス頻度は高い気がする。

たまには空も見上げよう(゚∀゚)

時代はとにかくソーシャルっていう感じですが、冷静に一歩引いて見ると、“アクセスしたときに前に見た画面と違う”面白いモノを見せることが大事なんじゃない?かなーと。

スキマ時間を狙うアプリやサービスは、こういうことも意識して設計してみたりすると面白いかもしれないですね。