カテゴリー別アーカイブ: blockchain

Blockchain.EXE #8 に参加してきました

ブロックチェーンを技術的にも勉強したい一方で、可能性について探っていくスタンスも持ち続けていたいので、こちらのイベントに参加してきました。

https://peatix.com/event/333616

このシリーズのイベントへの参加は初めてです。

19:00 – 19:10 「オープニング」
 石井 敦 | クーガー

19:10 – 19:40「シェアリングエコノミーとブロックチェーンその相性と課題」
 峯 荒夢 | ガイアックス

19:40 – 20:10 「ブロックチェーン技術で実現する共有財(コモンズ)の拡張と韓国における事例」
 John Minkoo Kim | theloop, Inc./ICON

20:10 – 20:50 「次世代型の信用情報プラットフォーム」
 篠原 裕幸 | シビラ
 流郷 俊彦 | シビラ

20:50 – 21:10 「ディスカッション: ブロックチェーンが作り出すシェアリングエコノミーについて」
 峯 荒夢、John Minkoo Kim、篠原 裕幸、石井 敦(モデレーター)

## シェアリングエコノミーとブロックチェーンその相性と課題

– 事例
– 個人間契約の台帳管理
– 評価の台帳管理
– 決済の台帳管理
– 本人確認の台帳管理
– シェアリングエコノミーへの応用事例
– La’Zooz
– ライドシェアをぶっロックチェーンで南里
– Arcade City
– Uber のブロックチェーン版
– ドライバー側が値段を決める
– SwarmCity
– Aracade City の発展系
– Slock.it
– 鍵をブロックチェーンで管理
– TRUSTDOCK
– 本人確認
– CASH の裏側
– サービスごとに本人確認システムを持つのは大変
– スタートアップが本人確認についてリソースを割くのは大変
– 本人確認を共有するはまだやっていない
– 将来的には複数サービスと連携するところへ
– 実装検討中。使えそうだなという温度感。
– シェアリングエコノミー認証準拠を目指している
– 事例もあるし、相性は良さそうだけど、実際そうなのか?
– まだちょっと違う。落とし穴がある
– ホスト・ゲスとともにシェアサビス業者が必死に集めないとビジネスが成り立たない
– サービスの品質をシェアサービス業者が必死に担保している
– ほっておいただけではDAO化しても誰も使わない
– 認知が進まないと厳しい。シェアリングエコノミーの認知が進む。ブロックチェーンの認知拡大を待っている
– ブロックチェーン同士が繋がる未来
– ガイアックスの Blockchain ブログ
– http://gaiax-blockchain.com/
– 質疑
– 終了できないDAOはできるのか?
– 実装次第で可能
– プライベートチェーンの意味は?
– プライベートで使ってもあまり意味はない。複数の企業間、複数のサービスが繋がるというところに価値がある。
– パブリックであることが価値。
– ブロックチェーンに置き換えることで自社ビジネスを disrupt する場合があるのでは?
– 置き換わってしまうため、そのものでは稼げなくなる。稼ぎ方を変えないといけない。

## ブロックチェーン技術で実現する共有財(コモンズ)の拡張と韓国における事例

Kim さん

– 韓国の事例
– theloop, Inc
– 保険金支払い
– loopchain(Open source)を使っている
– https://github.com/theloopkr/loopchain
– CHAIN ID
– 韓国のブロックチェーンのコンソーシアム 25 社のうち 11 社でやっている
– https://www.icon.foundation/jp/
– 時価総額3500億円 ICO した
– Ethreum と同じく dApp を構築できるようになった
– 運営する組織。金融都市コンソーシアム25社
– 銀行に行って講座を作るときにchain idを作る。peerの証券会社に送る

## 次世代型の信用情報プラットフォーム

COO 篠原 裕幸

– 小さい頃から人格を完全にインターネットに移植したかった
– 野菜をブロックチェーンで管理している。野菜の会社ではない。
– 既存の流通は適正価格でない。野菜を倍の値段で売りたい。
– 2013 年にビットコインに出会って未来が変わることを確信した。
– 人類が AI とデバイスと一緒に生きていく時代が絶対にくる
– ビットフライヤーが株主になっている
– GMO のアドバイザをやっている
– ビットコインの値動きなどは完全にどうでもいい
– ブロックチェーンの技術によって社会を変革することにしか興味がない
– 社会は分散していく。P2P。
– インターネットは中間搾取を減らした
– Blockchain は中間搾取を排除する
– インターネット市場規模 21 億人
– = facebook / google の user 数
– だから facebook や google はインターネットが届かない人たちに対して無料で wifi をとかの活動をしている
– インターネット上の人間の比率 9.3%。それ以外はデバイス
– IP で、中央集権型でさばけますか、そんなインフラに頼ってていいんですか
– 今のインターネットの技術に依存すると危険。救急車が止まる、水が止まる。人が死ぬ。
– 未来では環境が情報を買い取る
– デバイスが自律的に情報を売買する
– 出資と寄付を破壊する。この言葉に違いがあることが前時代的。
– どっちが儲かるわけではないけど、応援したい。クラウドファンディング。
– 「カブシキガイシャ」を破壊する。社会的意義の追求。
– 我々は何のために生きているのか。
– DAO がコラボレートする社会が来る
– Personal computers in 1975, the Internet in 1993, and – I believe – Bitcoin in 2014. by Marc Andreessen
– 人類にとって一番価値の高いメッセージ。
– bitFlyer お金のことを考えずに出資してくれた
– エストニアのガードタイムと ISID で共同実験
– プライベートブロックチェーンをガードタイムの KSI と組み合わせ PoP を実現
– プライベートブロックチェーンが改竄されていないことを保証する
– https://www.isid.co.jp/news/release/2016/1019.html
– AirBnB で生活している
– 家賃の支払い実績をアナログ管理しているところに預けたくないという理由から

CTO の話

– 偽松阪牛
– ブランドの証明は難しい
– 偽物が出回ると本物を作っている人の信頼も揺らいでしまう
– 本物と証明するためのコストがかかって、結果的に消費者不利益
– SIVIRA が提供するプルーフログ
– 相次ぐ不正会計、上場企業の内部統制すら信頼できない
– アナログな世界は変えていきましょう、ということ
– テレマティクス自動車保険
– ソフトバンクグループ、家賃の決済代行の会社と一緒に取り組んでいる事業
– 集まってきた情報を他の価値として提供する。個人の信用として使っていく
– P2P
– 健全なデータ売買は促進すべきだが、余計な手数料は省かれるべき
– 量子コンピュータ時代を見据えている
– すでに研究開発を行っている
– ブロックチェーンの問題。流出牛田状態でスタート。全世界のぶんさん
– プライベートブロックチェーンは RDB と比較してメリットがあるのか
– 使い方は見極めるべき
– RDB で十分な場合もかなり多い
– その情報を外部と連携したりする用途という前提がないと、あまり使う意味はない
– 定期的にハッシュをパブリックブロックチェーンに書き込んでいる
– プライベートブロックチェーンが改ざんされていないことを証明できる

## ディスカッション&質疑応答

– これから人間に必要なのは夢を語ること。作業はAIがおこなう。
– ソウルジェム。ゴーストレベル認証。生体認証はコピーできる時代が来る。
– 篠原さんは 20 年後ぐらいに 100 人ぐらいになる
– オンチェーン。オフチェーン。ブロックチェーンを入れた状態でプライバシーコントロール。
– オンチェーンにハッシュ値のみ入れる。
– いつか量子コンピュータで解析されしまうのでは?
– プライバシーを守るという事が、前時代的。
– 通販という言葉がなくなりつつある
– Amazon で買うということが当たり前になった
– 個人情報という概念が時間をかけてなくなっていく
– パブリックチェーンとプライベートチェーンのバランス、どう使い分けるべき
– パブリックは公共財。全世界に対して宣言できるもの。
– ビットコインは思想に分かれてハードフォークされていく
– 大事なことは分散化社会。根本的な仕組みはほぼおなじ。

## 感想

– 熱気すごい(有料イベントなのに立ち見がいるという…)
– 未来感あって楽しい
– SIVIRA の篠原さん激アツや… shing02 に似た何かを感じた
– 分散化社会は必ず来るだろうな…という確信を得た
– そのためにどう生きるか、どういうマインドセットでいればよいのか考える時代だな、と思った
– 可能性に関しては間違いないが、事業として立ち上がるにはまだまだこれからという感じ。
– 認知の課題
– 技術的課題
– ただ実証実験はもう始めておかないと乗り遅れてしまう可能性が高い

引き続き、ウォッチしていきたいと思いますー。